Kansai-furafura-fishing

関西でふらふらと釣りしてます

MENU

軽快な動きでトップの誘い出しやボトム攻略にも使えるシンキングペンシル、バスデイ S.P.M.75

記事にはアフィリエイト広告を利用しています

PR

海のルアー、どちらかと言えば手軽に楽しむため7ftロッドに、2000~2500番台リールで遊べるライトゲーム中心に、メッキ、シオ(ショゴ)の他、たまに釣れるシーバス、ヒラメ、ガシラにツバスなんかを狙っています。

 

そんな釣りで良く使う定番ルアー、S.P.M.75について書いてみます。

 

シンペンは苦手でしたが、S.P.M.75は動き・飛距離ともに抜群で、ハマると良く釣れるので一軍ボックス定着しました


メバルなどでシンペン(シンキングペンシル)は良く使っていたのですが、とりあえずタダ巻で食ってきて釣れた・・・という印象でしか無く、メッキにハマってからもあまり持っていないタイプのルアーでした。

 

が、良く行く釣り場で足場が高く、風も吹きやすいなかなか条件的に難しいところで、たまたま投げてみたら多少の風でも良く飛ぶし、動きも良いし何よりそこそこ釣れて以来所有在庫数が最多となっているくらいお気に入り、1軍レギュラーとなっています。

S.P.M.75 スペック・・・バスデイさんのサイトによると

水面直下を泳がせ誘う、ライトソルトゲームのスタンダードとなる小型シンキングペンシル。表層を攻めづらい気象条件下や、より良型を狙う際に・・・。
スイム、ダート、リフト&フォールと多彩なメソッドに対応します。

 

こんなイメージでしょうか…。

 

水面直下だけではなくて、少し流れのある場所でフォールさせてボトムをネチネチを狙ったり、ボトムバンピングさせて跳ね上げた後ステイさせ、そのままフォールでゴツンとか、いろんな使い方が出来て楽しめます。

 

ミノーを使って横のラインで反応が薄い時、ボトムから跳ね上げて縦の釣りで効果が高い時もあるので、使い手が釣った感とともに満足度の高いルアーだと思います。

 

使っているカラーは…クリアー系かホログラムか好みの分かれるところ

グリーン系が多いのかなと…ではなく、たまたま重なっただけです。
特にどの色が良かったとかはなく、どの色もそれなりに使えたのですが、ポイントに濁りが全くない時はクリアー系が良いかなと思いますが、水面を滑らせたり、水面直下のダートであればどれでも良さそうです。

個人的にホログラム系であまり良い思いをしたことがなく、釣れるイメージが持てないのが辛いところです。

時々ショップオリジナルカラーとかがあって、もうどれがどの色か分からなくなって困りますが…。

 

釣り方、ルアーのアクションはどうしているか…

ボトムでの釣りでは、キャスト後フォールさせてから縦に数回軽くトゥイッチ。浮き上がったところでステイさせつつ、流れに乗せたりフォールさせ、時々小さくトゥイッチで不規則な動きでアピールしたり…。

 

 

この時に食ってきたり、フォール、ステイ時にガツンと食った際のロッドに伝わる感触はかなり強く大きいので、むちゃくちゃ楽しいです。

 

トップでの釣りだと、着水後すぐにトゥイッチさせながらダート。強く動かさないようにしたり、ティップがソフトなロッドだときれいにダートしたり、不規則にスライドしたりと見てて面白いですし、これで釣れたら食わせた感が大きくなり満足感も得られますね。


トップ、ボトムでも思うのは、あまり強く動かさないのが良いのかなと感じます。
ルアーの持つフォルムが水の抵抗をしっかり掴み、そのおかげで不規則な動きを見せている気がするので、力任せに動かすと直線的な動きとなってしまいアピール力が下がってしまうのでは? と考えています。

 

限定カラーなのか!

 

アクションをつける、キャストしやすい、S.P.M.75 が使いやすいロッドは

上記のアクションのさせ方からも、ティップがソフトな方がルアーが受ける水の抵抗に対して反発しないので、動きがより良くなるのかなと思っており、S.P.M.75をメインで使う際はブルーカレント76TZを使います。

残念ながらこの76TZ NANOは廃番商品となってしまい、大事に使っていかなくてはなりません。
近いところだとブルーカレント73PLUGが近そうなのですが、振ったこと無いので何とも言えません。

 

ブルーカレント76Ⅲ ST でも使えるのですが、ティップが前述のロッドより硬めなので、強く大きく動かすのは避け、軽く、ゆっくりとした動きでルアーを操作する気持ちがあった方が良さそうです。

フォールで食わせる時はそんなに意識しなくても良さそうですが、それでも意識は持っておいた方が良さそうです。

grapetown-anex.hatenablog.jp